指の皮を食べる癖を治そう!

スポンサーリンク

fc9bbd195cd67844b25004dbf5d59aec_s
幼い子がやると可愛いくせですけど、これが成人した人がやると少し気持ちが悪い感じを抱いてしまいますね。

この癖を直すにはどうしたら良いかを提案していきます。

指の皮を食べてしまう癖を治すにはどうしたらいい?


指の皮を食べてしまう癖は単なる癖なのか?それともその背景に何が隠れているのかを書いていきます。
具体的に言うと不安が隠れているという事が解ります。
例えば子供自身の事ではなく一番近くにいる母親や父親の不安が子供に伝染する事により精神状態を表す癖として表面化するようです。

家庭内が常に殺伐としていて安らぎがなく、落ち着かないそのため精神的バランスをどこかで取らないとならないそのため指の皮を食べる癖でストレスの逃げ道を確保しているその様な状態なのです。

これが体力的にもてあましている子供だと、自分よりも弱い子に標的が向いてその子をいじめることで自分の優位性を保ち、精神的バランスをとり続けることが出来るのです。そのサインが指の皮を食べる癖なんです。
スポンサーリンク


成人している場合は、子供の頃からの色々なストレスが積み重なり、癖を修正する機会を失って現在に至っているという事が言えます。もっとストレスが高まってくると指の皮を少し食べるだけでは飽き足らなくなって血が出るまで食べる等

ある意味での自傷行為へと移って行くのです。この行為をスキンピッキングとも呼ばれ、本人たちは無意識で行なっているため、その行為がストレスの代償行為であることには気付いていないどころか自分が指の皮を食べる行為を行なっている事さえも解っていないのです。

具体的にはどの様に対処を取れば指の皮を食べる行為を辞めてくれるのでしょうか?それは、包帯やバンドエイドを使用し、指先をカバーし自傷行為とされている指の皮を食べる行為をさせないように持って行くのです。

包帯やバンドエイドをした直後は、指に違和感があるため嫌がるかもしれませんが、その時はじめて自分が指の皮を食べていたりする行為に気付いたりするのです。これは長年の癖なので治すまでにかなりの時間を要します。

そのため直ぐにその癖が直らないからといって、イライラせずに色々な人の力を借りながら治していきましょう。ストレスは時間が解決してくれます。

まとめ


結論としては、指の皮を食べる行為はストレスの表れで、指の皮を食べる事は、自傷行為という衝撃の結果がわかりました。人間はある意味では、良い癖、悪い癖を併せ持っています。

自傷行為と聞くとリストカットやオーバードーズなどの命と直接関わり合う行為を想像してしまいます。

しかし、この行為そのものが自傷行為の入り口と考えるとたかが指の皮を食べている行為が治らないなどと暢気に構えていては、対象者のストレスはどんどん増えてしまうという状態となります。

そのためにはストレスの逃げ道を沢山持つ、例えばインターネットやランニング、ショッピング、食べ歩き等自分に向いているという物を探してみましょう。意外な自分や新しいスキルが手に入り人生の選択肢が拡大する可能性があります。

そうすると事で知らないうちに指の皮を食べる癖は自然に消える可能性がありますね。
何せ無意識な物なので、ある意味で一つのことに夢中にさせる事が大切だと言うことが
解りました。

人間の身体は万能ではなくて、ストレスには敏感に反応するように出来ています。
そのため。ある意味ではノンストレスでは生きられませんし、ノンストレスで生きる事で
ある程度の困らないお金を稼ぐことが出来れば問題はありません。

しかし、お金を稼いだり生きていくためにはある程度のお金が必要なのでどうしても
ストレスと付き合い折り合いを付けていかないと、特に現代は生きる事が難しい時代と
なってしまいました。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ