差し歯は保険適用できる?できない?

スポンサーリンク

fb4534dcf0b1c892521a9e4e63d5d88a_s

お医者さんにかかったとき、保険がきくのは本当にありがたいことです。
だいたいの治療は保険がききますので、病気になった時など、本当に助かります。
しかし「保険適用外」の治療もあります。
「差し歯」も保険適用外のものがあります。

でも、適用される差し歯もあるのです。保険がきく差し歯、きかない差し歯は何が違うのでしょうか。

保険がきく差し歯


保険がきく差し歯は、位置によって何が保険で使えるのかが違います。

前側の歯で保険適用の差し歯は「硬質レジンジャケットクラウン」という、歯科用のプラスチック(レジン)を使ったもので、白い色をしています。

耐久性はあまり期待できないため、力が最も加わることが少ない前歯用です。残念ながら年月を追うごとに少しずつ変色していきます。

また、「硬質レジン前装冠」という、金属の土台をつけたもの。硬質レジンジャケットクラウンの「耐久性がない」という部分を解消できますが、やはり変色はしてしまいます。

加えてまれに金属アレルギーを引き起こすことがありますので、すでに金属アレルギーであったり心配な人は注意してください。

犬歯より後ろの歯に使われる保険適用の差し歯は「銀歯」です。臼歯は力が入る場所ですので、耐久性が弱いものでは役に立ちません。銀歯は金属のため、強い力にもしっかり耐えてくれます。ただ、これも金属アレルギーがまれにおこるといいますので注意が必要です。

費用は歯の場所にもよりますが、1本1万円まではかからないでしょう。
差し歯を決める際には、歯科医師からメリットとデメリットなどをしっかり聞いて判断してください。


保険がきかない差し歯

保険が適用される歯というのは、結局のところ「普段の生活に支障が起きない」というものなので、特に前歯はきれいにしておきたい、と思うのは誰でも同じこと。保険適用外のものではそれがある程度クリアされるようです。

前歯用で「オールセラミック」「ハイブリッドセラミック」「メタルボンド」「ジルコニアクラウン」「金歯」というものがあります。

スポンサーリンク



それぞれ金額も変わってきますが安いものは4万円から、高くなると場所によっては20万ほどするものもあります。(歯科医院によって取り扱いが変わります)

・オールセラミック
セラミック(陶器)製です。ですので、保険適用の歯と比べていつまでも変色せずきれいに保つことができますし金属アレルギーの心配もありません。デメリットは「欠けやすい」ということ。なので奥歯にはどうしても使えません。

・ハイブリッドセラミック
レジンにセラミック粒子を混ぜたもの。保険適用のレジンの歯よりは強度があがっています。こちらも金属アレルギーの心配はありません。しかし、やはり将来の変色は覚悟しなければいけないと思います。

・メタルボンド
表面はセラミックですが、中に金属を使っています。セラミックが表面なので、変色はしません。金属が入っている分、オールセラミックよりも強度が上がっていますので、ある程度力がかかる場所にでも使える場合があります。ただ、金属アレルギーの心配が出てきますね。

・ジルコニア
ジルコニアは比較的最近できたもの。メタルボンドの金属部分を白く固いジルコニアにしたもので、金属アレルギーにほとんど影響がないといいます。しかし、デメリットなどはこれからの調査になるのでなんともいえないところです。

・金歯
金歯は、もう昔からおなじみのもの。強い力が加わっても大丈夫なので、奥歯に使えます。銀歯よりも耐久性のあるものができるそうです。ただ、やはり見た目的な問題とまれに金属アレルギーの心配があります。



差し歯は人工的に作るものなので、出来栄えはどうしても歯科医師や技工士の腕によるところが大きいと言わざるを得ません。

接客業やタレントさん、よく人前で講演や演説をするような職業の方は、保険適用の差し歯ではやはり変色が気になるところですよね。

気になるといっても、やはりお金もかかるもの。自分がどういうことを重視しているのかを明確にし、無理のない範囲で差し歯を作ったほうがいいのではないかと思います。そのためにも、歯科医師の話をよく聞き、分からないところは相談してみてください。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ