寝やすい体勢ってどんな体勢?

スポンサーリンク

7c328ae954934bb897d021a465fdf2c6_s

寝ていて疲れること、ありませんか?
私はよくあります。寝具が合わないのもあるかもしれません。

一緒に寝ている寝相の悪い子の、無意識に行われる襲撃(蹴られる、足が顔に当たる)のを防ぐために無理な恰好をしているのかもしれません。

よほど疲れて熟睡でもしないかぎり、「よく寝たなぁ」という気分にはなれませんし、「なんでだろう、寝たのに体がだるい」と感じることがよくあります。
快適に朝を迎えるために必要なのは上質な睡眠。気持ちよく眠るためには正しい寝姿勢が必要で、その正しい寝姿勢で寝ると体への負担が全く違うといいます。
正しい寝姿勢とはどんなものなのでしょうか。

寝具はとっても大切。


例えばフローリングや畳の上でごろんと横になって寝てしまうとしましょう。
本当に睡魔に耐えられないほどの眠気だったり、とても疲れていて爆睡・・・でもなければ、あまり熟睡できませんよね。

むしろ体が痛くなる、といいます。

まさにその体が痛くならないように敷布団を敷くことが肝心。理想の敷布団はきちんと理想の寝姿勢をキープしてくれるものがよいかと思います。

人間の理想の寝姿勢は、姿勢よく立っているそのままの状態で横になることができること。

きちんと立つと、背骨はS字を描いているといわれています。

肩とお尻は後ろへ。腰は若干前側へ。背骨は横から見ると一直線ではありません。なので平らなところで寝ると背骨に負担がかかってしまうのです。

最近はベッドのマットレスなど、お店で試してみることができるところも増えています。ベッドを購入する際は是非比較してみてほしいところです。

正しい寝姿勢を保てる布団用のマットレスなどもありますので、活用してみてはいかがでしょうか。

悪い姿勢で寝る弊害


悪い姿勢で寝ていると、体が疲れるだけではありません。無理な姿勢というのは無理な筋肉の使い方をしていることがありますので、肩がこったり腰が痛くなったりします。

また、体が緊張している状態なので、気持ちよく眠ることができないのは当然。睡眠障害の原因になることもあるのだそうです。もちろん疲れもとれず、次の日に引きずってしまうのはいうまでもありません。

スポンサーリンク



うつ伏せで寝ることもあまり良くないらしい


私はうつ伏せ寝が大好きです。しかしあまりよくないと知ってやめました。
お腹側を下にして寝ることによって、反り腰が癖になると聞いたからです。私は反り腰ぎみなので、対策はいろいろしたいとは思っていますが、とにかくうつ伏せ寝はやめました。

実際、うつ伏せで寝るとお尻がぐんと持ち上がってしまうのです。この姿勢、まさにそのまま縦にすると反り腰体勢。反り腰は姿勢としてもよくありませんしお腹にお肉がつきやすいそうです。

ただでさえ妊娠中は体のバランスをとるために反り腰になってしまいます。産後、姿勢をなおすことができた人とできなかった人では、やはりお腹まわりがちがうという話も聞いたことがあります。

美容骨格体操の体験に行った時も、すぐに「反り腰ですね」と指摘され、正しい姿勢をとるように言われました。お腹がぽっこりする他にも、腰痛の原因はここにあると言われ、目下反り腰矯正中です。

うつ伏せ寝の話に戻りますが、うつ伏せは背骨の問題だけではなく、呼吸にも影響があるようです。たしかに顔までうつ伏せておくわけにいきませんので、顔を左右どちらかにねじって寝ていることになります。

この姿勢では気道がうまく確保されているとはとてもいえません。更にO脚にもなりやすい、顎関節症にもなりやすい、とも言われています。逆にメリットの話というのは、私は聞いたことがありません。

仰向けが好きな方、横向きが好きな方いらっしゃるかと思いますが、寝ているときにお尻がきちんと沈んで、あおむけのときはS字になっている、横向きで寝る時も腰が沈んで真後ろからみたときに背骨がまっすぐになっている、というのが理想の寝姿勢。

その寝姿勢で眠ることができれば、体の負担もなく気持ちよく眠れると思います。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ