寝やすいベッドってどんなもの?

スポンサーリンク

d7d0599cf98642e9455a736e41e5cf3f_s

最近ベッドやベッドのマットレスを買い替えて気持ちよく眠ろうと思っているのに、うまく眠れないなぁと感じている方、いらっしゃいませんか?もしかしたらその変えたベッドが眠りを妨げているのかもしれません。

快眠を得るために寝具はとても大切。あなたは今、どんなベッドで寝ていますか?

マットレスって重要

ベッドのマットレス選びはとても重要です。硬すぎて体にフィットしなかったり、柔らかすぎて沈み込んでしまったり、こういうものは寝ていて疲れてしまいます。程よい沈み具合というものが大切です。

寝ているときのよい姿勢というものがあります。それが「立っている姿勢をそのまま横にした状態」です。もちろん、正しい姿勢で立った姿を寝かせたもの、ということです。

正しい姿勢とは、背骨が正面から見るとまっすぐ、横から見た場合にゆるやかなS字を描いているといわれています。正しい姿勢というのは体もリラックスできる最高の形です。

不自然な形で寝ていると、体が疲れるばかりでなく、うまく眠れない睡眠障害になる方もいらっしゃいます。快適な睡眠をとることは大切なので、マットレス選びは妥協せず行いましょう。

低反発素材のよいところ、悪いところ

CMなどでもよく宣伝され、とても話題になった「低反発素材」の寝具。

比較的安価で、いままでのベッドのマットレスの上に敷いて使うことができるものや枕など、寝具の素材としてすっかりおなじみになっています。

体に無理のない程よい柔らかさで体の負荷を分散させてくれ、床ずれなどもできにくいと言われています。実際過去に、寝ていると腰が痛くなってしまうと悩んでいた知人が低反発マットレスを使い、いつもより腰痛が楽になったという話も聞きましたので、個人差はあるかと思いますが、効果はあるのかもしれません。

一方で、実は腰にはよくないという話も聞きますので、医師にかかっている場合は相談してみたほうがいいのかもしれません。

また、低反発素材は通気性には乏しく夏は暑いというデメリットがあります。

スポンサーリンク



ポケットコイルってどんなもの?


今までの固いマットレスを「ボンネルマットレス」といい、これは簡単にいうとマットレスの中に入っている鋼線が一本で構成されていて、固めのものがとても多いです。

体は特に沈み込むわけではないので、寝ていて楽ではないイメージがある方もいらっしゃるでしょう。
それに比べて、ベッドマットレスのCMで最近目にするようになった「ポケットコイル」はマットレスの中のコイルが一つずつ独立しているので、沈み込ませたい部分だけ独立して沈み込ませてくれます。

これは体にとって本当に楽な姿勢に近づくことができるため、人気となっています。コイルの数が多ければ多いほど、体の形にフィットさせることができますので気持ちよく眠ることができるようです。通気性も低反発素材より上。今の時点で一番おすすめできるのはポケットコイルかもしれません。

ベッドが揺れると気になる方は低めのマットレスがいいでしょう。また、ダブルベッドなどで、配偶者や子供など一緒に寝る人がいる場合も、ポケットコイルだと相手の寝返りでベッドが揺れるのを最小限にとどめてくれますので、検討してみてはいかがでしょうか?

ポケットコイルの弱点は耐久性でしょうか。ボンネルマットレスよりは多少早めに買い替えることになるかもしれません。

そのほかにも「高反発マットレス」というものがあります。よくアスリートが使っているというのを聞いたことがありませんか?

こちらは低反発よりも通気性があり、一定の部分まで沈み込んで、必要以上に沈みこませないということで、常に正しい寝姿勢を保てるのだそうです。

メーカーによってかもしれませんが、ベッド仕様のものも布団で使う用のものもあるようです。

ベッド選びで重要なのは「サイズ」と「マットレス」。フレームも大事には違いありませんが、寝心地を優先したほうが体にとってよいと思います。しっかり眠れないと体調を崩してしまうのはいうまでもありません。

できるだけ寝心地を試したうえで購入したほうが「よい買い物をした!」と思えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ