咳を止める飲み物は○○が有効??

スポンサーリンク

55f5457c701b88e9816e0cb40e7f6d9d_s
大事な会議中、授業中やテスト中、ママ友ランチ中、子供の授業参観中、そして就寝中。咳込んでいては周りに迷惑かもしれない、と思うシーンはたくさんありますよね。咳止め薬もいいですが、何か他のもので咳を鎮めることはできないか調べてみました。

咳止め効果のある飲み物

喉にいいと言われる飲み物は、このようなものです。

・はちみつレモン
蜂蜜の持つ殺菌作用、レモンは免疫力を上げてくれます。清涼飲料水にも採用されるくらい味の相性も抜群。レモンの輪切りを蜂蜜に漬けておき、それをお湯に溶いて飲みます。

紅茶がお好きな方は紅茶に入れて飲むのもいいですね。皮ごと使うので、できれば国産の無農薬のレモンがおすすめです。

・紅茶
はちみつレモンにも出てきた紅茶、これも喉にいいといいます。紅茶に含まれるタンニンには殺菌効果のある成分が多く含まれているそうで、喉を殺菌し炎症を抑えてくれるといいます。

・はちみつ大根
大根も喉にいいといいます。大根の皮をむいて1.5cmほどの角切りにし、蜂蜜を多めにかけて冷蔵庫へいれておくと、二時間ほどで大根から汁が出てきますので、これもお湯に溶かして飲んでください。(飲む時は、大根は取り除く)




・大根おろし
飲み物か?と言われると疑問ですが、大根おろしを味噌汁に入れたり、お湯で溶いて飲んだりするといいようです。お湯で溶く場合はそのままでは飲みにくいので、こちらも蜂蜜を入れて飲むといいようです。

結局はちみつ大根になるわけですが、大根おろしの場合は皮ごとおろすといいそうです。大根をおろすと生成される辛み成分「イソチオシアナート」が、殺菌効果や免疫力を高めてくれるそうですので、大根を食べるよりおろすほうが喉によさそうです。
スポンサーリンク


・しょうが湯
生姜を煮てはちみつを加えたものを飲む、というもの。生姜は体を温めてくれますよね。ここで重要なのが、「生姜は加熱して摂る」ということ。生の生姜は逆に体を冷やします。
生姜は風邪の予防にも良いそうですので、時々飲んでみてはいかがでしょうか。

生姜は実は注意して摂取したほうが良い食品で、普通に食卓に出るものを食べるくらいなら問題はありませんが、妊婦さんは摂りすぎに注意したほうが良いといわれていますし、胃腸が弱い方にも刺激となるようで、下痢や嘔吐をする場合もあるようです。

また、高熱(39度以上)の人、脱水症状の時、生姜を食べると顔や口の中が異常に火照ったり熱くなる方、脈拍が早い(一分間90回以上の頻脈)の方、皮膚がすごく乾燥している方、血便が出ている方は生姜を控えたほうがよさそうです。

ということで、生姜は「予防&軽度の風邪」に利用しましょう。

・緑茶
お茶でうがいするといい」とよく聞きます。緑茶には殺菌成分が含まれていますので、是非お試しください。

その他にも、ハーブなどで咳止めや喉にいいと言われている「セージ」「コリアンダー」「ミント」「アニスヒソップ」などもお勧めです。ハーブにはいろいろな効能がありますので、ハーブの専門店などで教えてもらうといいかもしれません。ハーブティーを楽しむきっかけになりそうですよね。

咳止めにはまず喉の炎症を抑え、殺菌することが大切のようですが、実は、咳は体内に入り込んでほしくないものを外へ出す為の喉の機能の一つ。気道に入ってしまった飲み物を出すため、刺激物を肺に送り込まないようにするため、そして菌やウイルスを外へ出したり、菌をからめとった痰を吐き出す、このような大事な意味合いもあるので、咳は悪いもの、と決めつけないでくださいね。

場合によっては無理に止めないほうが早く症状が緩和する場合もあります。

また、咳がどうも長引くと感じたら医師に診てもらいましょう。風邪ではなくほかの病気の場合があります。咳は長引くと体力も消耗しますので無理は禁物ですよ。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ