健康診断で胃カメラを乗り切るコツは?

スポンサーリンク

8c27fcbea0e03fca16df2a9f78d40b09_s

「胃カメラ」のイメージ。
・怖い
・痛そう
・気持ち悪そう
多くの方が思っている印象ではないでしょうか。

しかし健康診断などで避けて通れない場合も出てくる胃カメラ。楽に受けられる方法はないものでしょうか。毎年、胃カメラしましょうと言われるのが怖くて健康診断が年々おっくうになっています・・・。

胃カメラってどんなふうに受ける?

「怖い、怖い」と言っていますが、実は私は胃カメラ未経験です。
未経験ゆえにイメージが先行しているのかもしれませんが、友人などは何度も経験していて「胃カメラ飲んできたよ!」と平然な顔をしている人もいますし、「つらかったよ」と気持ち悪そうに話してくれる人もいます。

人間、「怖いほう、気持ち悪いほう」を信じやすいのでしょうか、いろんな体験談を聞いたうえで、私の中に育っている胃カメラのイメージは「最悪」です。

胃カメラはいろいろな方法があり、受ける際には医師の説明をしっかり聞いておきましょう。

普通の胃カメラの検査では、喉の麻酔を行うそうです。皆さんご存知だと思いますが、内科のお医者さんでのどをみるとき差し入れられるヘラみたいな道具、あれで「オエッ」となる方多いですよね。

あれは咽頭反射といって、異物が体内に入らないようにするための大事な条件反射。
しかしこの咽頭反射があるかぎり胃カメラはのどを通過してくれません。
そこで喉に麻酔をして反射がでないようにしてカメラを通していきます。

その後、胃を検査するために胃の動きをゆっくりにしてくれる注射を打つ場合があります。
あまり胃が激しく動いていると医師がうまくカメラで見ることができなくなるために行いますが、心臓疾患がある方はこの注射を受けないでください。
心臓の動きにも影響が出るそうですので、医師の問診時に心臓疾患があることを伝えておきましょう。

そしていよいよ胃カメラの番。
カメラを飲み込む時が一番大変だということですが、その後は医師がカメラを操りますのでされるがまま。
唾液も飲まずに口から外へ流しだしてしまいましょう。このあたりも受ける前に説明があるかと思います。

カメラが胃に到達し、検査がはじまると、その検査自体では苦しい、痛いということはないようです。
検査の内容にもよりますが、胃の状態をみたり粘膜を採取したりということを主に行います。
検査が終わったら、カメラを抜いて終了、という流れで行うそうです。

スポンサーリンク



気持ち悪くならない?!鼻からの胃カメラ

上記で書いた胃カメラは「口から行う胃カメラ」です。
最近は「鼻から行う胃カメラ」が可能だそうです。
医療機関によってできるところとできないところがあるかと思いますので、チェックしてみてくださいね。

この鼻から行う胃カメラは細いので、喉にかかる負担がとても少ないそうです。
自分で飲み込むこともないので、とても楽だということです。
ただし、鼻の状態の個人差(穴の大きさや形状)によってこの方法が使えない場合もありますのでご承知おきください。


他にも、麻酔の点滴を使って眠った状態で胃カメラをやってもらうという方法もあるそうです。
ただ、口や鼻から通常に行う検査より時間もお金もかかってしまいます。
でも、どうしても喉の異物感に耐えられないという方は医師に相談してみましょう。

なかなか難しいことではありますが、検査はリラックスして受けてください。
もちろん、怖いイメージのものに「リラックスしろ」といわれてすぐできるものではありませんが、体に力が入っていると余計気持ち悪くなったり検査がしにくかったりということもでてきます。

できるだけ心を落ち着けて頑張ってください。
検査は本当に大事です。本当は避けて通りたい検査の一つではありますが、胃の状態や病気を調べるのにはとても有効な手段だと思います。

大きな病気の早期発見につながることもありますので、プラスに考えて受けてくださいね。
と、偉そうなことを書きましたが、自分自身もいつ「そろそろ胃カメラやろうか」と言われかねない年齢なので、ドキドキはしています。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ