ルイボスティーに水銀が含まれるというのは嘘!?

スポンサーリンク

379749e6ab4993183f540020458dee8f_s
みなさんは「ルイボスティー」ってご存知ですか?!


体質改善効果が期待されているのですが、ルイボスティーは紅茶や緑茶、中国茶等の「お茶」とは全く種類の異なる飲み物なんです。


古くより南アフリカの先住民の間で日常的な飲み物として親しまれる一方で、「奇跡のお茶」「不老長寿のお茶」として、日々の健康のために飲まれ続けてきています。

ルイボスの特徴は、健康な体を作るために大事なミネラルが豊富なだけでなく、脂肪の酸化を抑える抗酸化作用があります。
最も知られているのは、<ノンカフェイン>だということです。

ここで体質改善に良いとされている理由を簡単にご紹介しましょう。


少し難しい言葉を使ってしまいますが、ルイボスにはSOD(スーパー・オキサイド・ ディスムターゼ)様物質という成分が含まれ、その物質は抗酸化作用によって体の免疫力を高めるとされています。

この物質が体質改善の大きなポイントになるのですが、その効果はとても様々なんです。

・アトピー性皮膚炎、喘息、花粉症などのアレルギーの症状緩和
・アンチエイジング効果
・痩せやすい体質
・美肌&歯をキレイに!
・便秘
・安眠効果


ルイボスティーを飲み続けることで、たくさんの体質改善が見込めるようですね!


さらに先ほどもご説明しましたが、最大の特徴は「ノンカフェイン」であることです。


ということは・・・


妊娠中でも安心して飲めるということですよね!
妊娠中、脱カフェインをしている方も多いと思います。
妊娠中でもがぶ飲みしなければ、多少のカフェインなら大丈夫と言われていますが、カフェインを摂ると胎盤を通って胎児に移行します。

ですからカフェインを摂りすぎると、カフェインを排出する力が弱い胎児は、過剰にカフェインを摂ってしまうということになってしまいます。

また妊婦さんの悩みでも多い便秘や肌荒れをかいぜんしてくれるとあって、ノンカフェインのルイボスティーは妊娠中の方が普段口にする飲み物として人気があるのかもしれませんね。


ですが、そんな「ルイボスティー」には良からぬ噂が流れているんです・・・。


その噂とは・・・


私も妊娠中にその話を聞いて、恐怖に怯えたことがありますが・・・


なんとっ!!
ルイボスティーには水銀が含まれている?!との事!


ん?


水銀って、あの昔の体温計に使用されていて、体に有害とされている、あの水銀?!
と耳を疑うような噂ですよね。


もし、噂が本当なら大問題です!!
気になるので、お調べしてみましょう。

スポンサーリンク


そもそも、なんでそんな噂が?!



そんな噂が流れるようになったのは、このような事からです。
ルイボスティーの原料であるルイボスが南アフリカ原産であり、ほかの土地ではほとんど栽培に成功しておらず、現在売られているルイボスティーのすべてが南アフリカ産なんです。

南アフリカはかつて金など、鉱物資源の採掘が盛んに行われており、それに伴い、水銀中毒患者も多く出たとされ、その土壌で育つルイボスにも水銀が含まれているのではないかとと言われてることが、噂の発端のようです。

ですが、この噂なんの根拠もないのです・・・。

こんな恐ろしいことが真相なら大変なことですよね!
実際、南アフリカでも日本でも大変厳しい検査が行われています。

現在、国内で販売されているルイボスティーからは、一度たりとも水銀が検出された事実はありません!!


こんなでたらめな噂が流れているため、メーカーによっては「水銀検査済み」・「水銀検出せず」と商品に注意書きとしてしっかり記載されているものあるそうです。

心配な方は、そのような商品を選ぶと良いでしょう。

いろいろな効果が期待される「ルイボスティー」。
ひどい噂を立てられたものですよね・・・。


妊婦さんは只でさえ、妊娠に良いとされる飲料が少ないのに、万能なルイボスティーを取られてしまっては、妊婦さんはがっかりでしょう!


安心してください!


「ルイボスティーには水銀が含まれている?!」


というのは、まったくの嘘★
何の根拠もないのが真相です!!

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ