プリン体は危ない?プリン体の少ない食品一覧

スポンサーリンク

2f84189b2ff912c270e8f95e13ed597e_s
「プリン体」。かわいい名前ながらなかなかの厄介者。痛風になる原因、などとも言われています。

痛風とは、尿酸が体の中に溜まって結晶になってしまい、その影響で体のあちこちが痛くなる病気。放っておくと腎臓も悪くしてしまいますので、そうかもしれないと思ったら病院へ行きましょう。

痛風にならないために気をつけたい「プリン体」。プリン体はどう痛風に影響してくるのでしょう。将来の体のために知っておきたいものです。

まずは「プリン体」を知る

まずはプリン体がどういうふうに痛風に関係してくるのかを知っておきましょう。

プリン体は、細胞の中に存在している物質で、あらゆる生物が持っているもの。人間も持っています。

このプリン体が新陳代謝や運動などにより身体の中で代謝、分解されます。最終的に尿酸となって排出されていきます。

これが正常な状態。この尿酸が正常に排出されていればいいのですが、尿酸が多くなりすぎると高尿酸血症という症状になります。

高尿酸血症が続くと、尿酸が結晶化して関節に沈着して痛みを感じる、いわゆる痛風です。時には肝臓に影響を及ぼしたり、尿路結石になったりする場合もあるので、この尿酸を抑えるために「プリン体」を多く体に取り入れるのを控えたほうがいい、ということなのです。

ちなみにプリン体の「プリン」は洋菓子のプリンではなく、ラテン語の「プリンヌクレオチド」(核酸代謝物)からきています。そしてプリンの材料である卵はプリン体の少ない食材です。

プリン体、役にも立っている


尿酸を作ってしまうプリン体ですが、厄介者というわけではないのです。あらゆる生物が持っているものですから、必要なもののはずです。

まず、プリン体は細胞の代謝になくてはならないもの。理科で習ったかと思いますが、細胞は細胞分裂によって増えます。

もちろんDNAもコピーされますが、そのDNAを構成している物質がプリン体の一種。そしてプリン体の代謝によって、細胞に必要なエネルギーをもたらしてくれる物質ができます。細胞の活動にはかかせないものがプリン体なのです。

プリン体の少ない食材を探してみよう


プリン体はもともと体の中にあるもの、可能な限り食べ物や飲み物から体内に取り込むのを減らしたい。しかしあらゆる生物が持っているので、「プリン体を持たない食品」を探すのは大変です。野菜だって細胞でできていますから。

では、できるだけプリン体の少ない食材を探してみましょう。

意外や意外、プリン体ほぼ0。
・牛乳
・鶏卵・うずらの卵
スポンサーリンク


プリン体がとっても少ない食品
・チーズ
・白米・玄米
・小麦粉
・豆腐・豆乳
・枝豆・そら豆・ピーナッツ・アーモンド・グリンピース
・えのきだけ、なめこ
・かずのこ・いくら・すじこ
・魚肉ソーセージ・ちくわ・かまぼこ
・コンビーフ・ソーセージ

えのきだけやなめこなどはプリン体が少ないと言われるとなんとなく納得ですが、案外高タンパクなものが、プリン体が少ないと出ています。

また、焼酎はビールよりプリン体がずっと少ないのです。ビールは麦芽が影響しているのでしょう。

痛風ぎみの方はお酒を替えてみるのも手ですね。また「プリン体カット」などというビールに替えてみる。

ただしアルコールに違いはないので、飲みすぎには注意してください。

プリン体の多い食材は、代表的なものでレバーやホウレン草、納豆、煮干しやかつお節、干ししいたけ、比較的肉や魚などには多いようです。

料理もひと工夫。


レバーはプリン体が多い食材。レバーを使う料理ならレバーを鶏肉に変更。ムネ肉ならさらにプリン体が少なく済みます。

舞茸も少々プリン体が多いよう。かわりにできるような料理ならえのきだけを使ってみる。

お肉や魚を一食分卵料理に変更。ただし、魚には魚の良い点、肉には肉の良い点があります。他の食材も同じことが言えます。

急にその食材を避けるのではなく、バランスよく食事をしたうえで、一日のうちにプリン体が多いと思われるものを少ないものにかえてみましょう。おつまみを少し見直してみるのもいいかもしれません。

しょっちゅう食べる大好物のプリン体、あなたも調べてみましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ