ストレスコーピングとは?現代の社会では重要!!~具体的な例をご紹介~

スポンサーリンク

7694a7fd626516f517c791e71b44914f_s
働く人々にとって、仕事は毎日の繰り返し。
働くことは、生活していくには必要なことですよね。

しかし、仕事は楽なことばかりではありませんし、好きなことを仕事にできている人なんて多くはなく、様々な問題も多いことでしょう。

量も質も高度なスキルを求められてくる仕事の内容だったり、上司や部下との人間関係をはじめ、職場をとりまく様々な環境の変化、職場はまさにストレスとの戦いの場・・・。
としか言いようがありません。

では、そのストレスにどうやって対処していくのでしょう?
皆さんは『ストレスコーピング』って耳にしたことがありますか?

今の現代では、とてもキーワードになる言葉だと思います。
詳しく、ご説明していきましょう。


◎ストレスコーピングとは・・・

「ストレス」という言葉はすっかり定着した言葉ですが、一般的には、精神的な緊張や負担を指しています。
ストレス状態が長く続くと、身体的にも精神的にも大きな負担となります。
ですが、全くストレスのない状態というのはかえって大きなストレスになります。
そこで、これらのストレスとうまく付き合うことが重要になってきます。
うまく付き合うために、ストレスをどのように受け止め、どのように行動するかを考えなければなりません。これを「ストレスコーピング」といいます。

★「ストレスコーピング」→ストレスへの「対処行動」


ストレスを感じている人は、感じ方や性格や対処の仕方も人それぞれです。
「ストレスコーピング」のあり方は、ひとつに決まっているわけではありません。
ストレスコーピングは、人それぞれいろいろな方法を用いています。

では、そのいろいろな方法とはどういう方法があるのでしょうか。

◎それぞれのストレスの対処法

1.刺激に対するコーピング
2.評価に対するコーピング
3.反応に対するコーピング
4.社会的支援というコーピング

つまり、コーピングスタイルは複数あり、その場面によって違った対処法を活用していくことが重要というわけです。

少し言葉が難しいですよね・・・。
それでは、具体例をご紹介しましょう。
スポンサーリンク


◎具体例


〈アクションを起こす〉

ひとつは、ストレスの原因に対して何らかのアクションを起こすことによって対処する方法です。

〈例〉
職場で人間関係をうまく形成できず、孤立状態にある人が、同僚や上司に積極的に交流しようとする。
ひとつの仕事に対して、必要以上に時間をかけてしまう人が、効率良くできるように上司にコツを聞いたり、効率アップできる方法を本などで研究する。


〈ポジティブになる〉

もうひとつは、ストレスの原因に対しては何もアクションを起こさず、自分の考え方やとらえ方を変えようとする方法です。

〈例〉
上司に怒られることが悩みの人が、「自分は嫌われているのかもしれない」と感じるのではなく、「自分は期待されているから怒られるんだ」と前向きに考える。
仕事に行くのが憂鬱なときに、「今日は帰りに飲みに行くぞ」と考えて、嫌な仕事を乗り切る。

ストレスの原因を、自分の努力でなんとかできるならアクションを起こし、自分ではどうしようもない場合には、考え方を変えてポジティブに対応すると良いかもしれません。

このように状況や環境に応じて対処していくことは大事なことです。
うまく発散できる人、できない人、人それぞれです。
まずは、自分にとって何がストレスの原因になっているのかを把握しましょう。

こんな世のなかです。
ストレスを感じない人はいません。
うまくこのような社会に対応していくには、柔軟に付き合っていくのが一番だと思います。

それに応じた対処をするのが、ストレスコーピングです。
最初は、難しいかもしれませんが徐々に対処してい蹴ると良いですね。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ