オーバードーズの後遺症とは?

スポンサーリンク

16854c0bb8e4ece61c2ce2573f1b43f9_s
オーバードーズと聞くと、自殺を図ろうとして薬物を過剰摂取しその結果招くものと考えられています。では具体的にはどんな風になるのか?など知らないことも沢山あります。今回はその辺を掘り下げて書いていきます。

オーバードーズとは?


薬物の過剰摂取によって引き越される物です。しかし、これは現実逃避をしたいという些細な思いから始まるものです。例えば、恋人と別れた・・・、仕事が上手くいかない・・・、
人生に疲れた・・・等精神的な余裕があれば違う道を見つけるなど手立てがあるはずです。

起きてしまった出来事によって自分の存在が否定されたような気分に陥るなど、他人が見ていると大したことはない事案でも本人には一大事という事が多いようです。そして小さな心で背負い、背負いきれない部分がオーバードーズとなって表面化するものです。

発見が早い場合は、病院に運ばれて胃洗浄などを行われ、快方に向かうケースが殆どです。しかし、残念なことに本人は助かったことに良い思いを抱いていないケースが多く、時がたつと同じようなことを繰り返してしまう物なのです。

最近ではドキュメンタリー番組などで取り上げられるケースも多いため、オーバードーズという言葉を知っているという人も少なくありません。また、薬を処方する側もオーバードーズが起こらないように細心の注意を払って薬を渡しています。

これに伴いリストカットやお酒と薬を同時に飲むなどしてはいけない行為をして命を粗末に扱うようなことを行ってしまいます。

オーバードーズにはどんな後遺症がある?


体への影響はかり知れません。薬を処方量以上に飲みアルコールなどとの併用もあるために、中毒症状が起こります。アルコールと薬を一緒に服用すると薬の効き目が強くなるか?

または本来の薬の働きが出来なくなるというケースもあります。

また副作用を引き起こすケースもあるので、薬を飲みすぎれば体内に入ってきた薬の量とそれを消化し、血液内に回そうとする力などのバランスが取れなくなって中毒症状を引き起こしてしまいます。

処置が早い場合は助かる可能性がありますが、発見が遅れるなどの事態が起こると死亡に至るケースもあります。このほかでは依存症。これは特定の薬を飲んでいないと極度の不安に襲われるなどの状態にあること。この状態にあるときは頭ではいけないと解っています。

スポンサーリンク



本来人間には自制心というものがあり、これはしてはいけないと思うとそれを我慢したり
遠ざける等の判断行為が行われるのですが、依存状態になるとその脳内のブレーキつまり自制心が効きません。

そのため依存状態へと陥ります。これについてはどうしよもなく、薬物依存症解消施設で
リハビリを受けるなどの方法論はあります。しかしまた、社会生活に戻るにはとても困難な状態が多くつらい状況に陥ります。

最後にオーバードーズの後遺症として残るのは、身体依存この状態は薬が切れると、体が禁断症状を示すようになります。

薬が残っていないか?といろいろなところを探し回るなどの行為をし、見つけて飲んでオーバードーズを繰り返すという悪循環に陥ります。

まとめ


オーバードーズは、裏にこの行為を行って自殺を図り楽になりたいそんな精神的に追い詰められた状況が隠させています。オーバードーズを思いつく状態というのは、人に悩みを打ち明けるなどの悩み初期の状態ではなく、打つ手がなくどうにもならない状態です。

こういう時は必ず、誰かがそばにいて見守るそんな状態に置いてあげることで心の安心を手繰り寄せることが出来ると思いますが、家庭環境や親類などなかなか見守ってくれるような環境を作ってくれる状況が大切でしょう。

また他人事ではなく、いつ誰でもそのような状況に陥る可能性があると考えながら日々を生きていくようにしていけば、オーバードーズも少しずつ減っていく社会になっていくと
思います。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ