インフルエンザウイルスの生存期間はどのくらい?

スポンサーリンク

406bef4a39cd012cc2f82d0900de6559_s

毎年冬になると流行する季節性のインフルエンザ。毎年学校や幼稚園で流行することが多いため、敏感になっているという方も多いと思います。高熱が出るので、子供がインフルエンザにかかると本当に心配だし、近くにいる人にうつることも多いので、親子・兄弟間でうつしてしまうこともしばしば。

インフルエンザのウイルスって、強そうなイメージもありますよね。実際ウイルスはどのくらいの期間生きているのでしょうか。

インフルエンザとは


インフルエンザとは、インフルエンザウイルスが原因の急性感染症のことです。
季節性インフルエンザ」と「新型インフルエンザ」という言い方を聞いたことがある方も多いと思います。

季節性インフルエンザは、ほぼ毎年のように時季が来ると流行するもので、一度感染するとしばらく抗体がつくと言われていますが、季節性には「A型」「B型」「C型」の3種類のインフルエンザウイルスがあります。もちろんA型を患った場合はA型の抗体しかつきませんので、B型もC型もまたかかる可能性があり、ワンシーズンで複数回インフルエンザにかかってしまうケースもあります。

秋になるとインフルエンザの予防接種を毎年受けている方もいらっしゃいますよね。この予防接種は通常12月くらい~3月にかけて流行する季節性インフルエンザを意識したものです。

新型インフルエンザは、何十年に1度の頻度でインフルエンザウイルスの遺伝子が変化して発生します。「新しいウイルス」なので、誰も抗体をもっておらず、流行しやすくなるのです。

動物の名前を冠した「鳥インフルエンザ」などのインフルエンザが「新型インフルエンザ」の元の姿。もともとは人間にはうつらず、同じ動物同士で感染していたインフルエンザが、動物たちでうつしあっている間に遺伝子の変化によって、たまたま人間にもウイルスが繁殖しやすい状態になったとき「新型インフルエンザが発生」となります。

体内に入ったインフルエンザウイルスはまず喉の部分に到着します。喉は体温より低い温度が保たれているそうで、33度くらい。鳥インフルエンザウイルスの繁殖温度は37度~38度といわれています。なので、遺伝子が変化して、少し低温でも繁殖できるウイルスになると人間にもうつることがあり、これが流行につながるのです。流行を繰り返し、それらのインフルエンザも季節性のインフルエンザに変化していきます。

鳥や豚のインフルエンザが流行ったからといって、毎回すぐ人間対応の新型インフルエンザになるということではありません。
スポンサーリンク


インフルエンザの症状とウイルスの生存期間


代表的な感染経路は咳やくしゃみによる飛沫感染。鼻や口から呼吸器系に感染するケースが多いそうです。そのほかにも空気感染なども考えられます。

症状は、頭痛や腹痛・鼻水・咳などの他、下痢や嘔吐、全身倦怠感・筋肉痛も現れます。
A型のインフルエンザは感染力が強く、症状も重くなることがあるようです。

潜伏期間は一般的に1~2日、最長10日くらいで、感染後2週間ほどでウイルスを排出します。

インフルエンザウイルスは、細胞内寄生体。細胞の中では暴れるこのウイルスも、細胞外では短時間しか生きていられません。皮膚に付着したウイルスは、皮膚の表面にあるウイルスを断片化させてしまう酵素のため、5分未満しか生きられないといいます。

ただしドアノブや電気のスイッチなどに付着した場合は、一日か二日ウイルスが生きているという話もありますので、早めに除菌してしまうのが良いでしょう。もちろん、手に付着したものも死滅を待たずによく洗い流しましょう。

ちなみに、インフルエンザウイルスは湿度50%以上に加湿された環境では生きていられないそうです。なので、部屋の湿度を60%くらいに保つと飛沫感染のリスクが大幅に減ることになりますね。

インフルエンザが流行るのは、ここ毎年当たり前のように聞きます。体力が落ちている、調子が悪い時にウイルスに入り込まれるとダメージも大きいですので、毎日バランスの良い食事を三食きちんと摂りましょう。

ちなみに予防接種についてですが、自分は小学校で集団接種受けた、という方も多いかと思います。最近ではアレルギーの関係で、集団接種を行わないケースが多いようです。予防ワクチンを作る際に鶏卵を使いますので、特に卵アレルギーがある方は医師と相談してから接種を受けるようにしてください。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ