アイス枕の使い過ぎは危険?

スポンサーリンク

e73f7d1d6d960e26c87dd3b088a07a77_s

熱が出た時に解熱のために頭を冷やして体を休めますが、その時に使うアイス枕は熱帯夜で寝苦しい時に頭を冷やして安眠に導いてくれます。

真夏の夜のアイス枕はもう手放せないくらい、睡眠に必要なアイテムになっています。しかし発熱していない時にアイス枕で頭を冷やす事は「体に良くない」とか「健康を害する」という噂もあります。

心配になり、アイス枕の健康被害や正しい使い方について調べてみました。

アイス枕の使用目的

アイス枕は風邪などで熱が出た時に、解熱の目的で使うものです。しかし他にも使い方はあります。真夏の暑さや長風呂でのぼせた時には、体を涼しくしてくれます。そして熱帯夜の時に暑苦しくて眠れない時や、夜間の熱中症や脱水症状の予防にも役に立ちます。

人の体に熱を運ぶのは血液の役割で、血管を通してエネルギーを消費して作られた熱や外気温を全身に運びます。熱を上げないようにするときにも同じように、冷たさを血液が運びます。

そのため熱が出た時には、後頭部や首のあたりの血管が多く集まっている部位を冷やします。そして高熱を早く冷ましたいときには脇の下や足の付け根など太い血管が通っている場所を冷やして、アイス枕で冷たくした血液をたくさん早く全身に送り熱を下げます。

アイス枕の意外な効果とは

アイス枕で頭を冷やす事は、真夏の熱い時や風邪など病気の時に平熱を維持したり解熱できます。平熱が維持できずに高熱が続くと、人の体はどのような変化が起きるでしょうか?

人の体は体温が上がると、熱を上げないようにするために汗をかきます。高熱を下げるために脳が指令を出し、汗を出して皮膚表面を汗が流れる時の気化熱で体を覚まします。

高熱がそのまま続いてしまうと次第に体の中の水分が不足し、脱水になります。脱水が進行すると水分量や血液量が不足して、胃腸の機能が低下したり意識障害を起こします。そして生命を維持することも困難になる場合があります。

人の体が健康を維持するためには、脳の働きが正常でいる事が欠かせません。その脳は頭蓋骨内で髄液に浮いている状態なのです。それは脳が脂肪やたんぱく質など熱に弱い成分で作られているので、温度の影響を受けにくい状態になっているのです。

スポンサーリンク



もし脳が頭蓋骨や血管の上に置かれている状態なら、外の気温や風邪での発熱により脳にダメージが起こり、正常に働きません。脳が正常に働かないと、心臓が正しく動かなかったり手足が動かせなくなったり多くの健康被害を受けることになります。

このようにアイス枕で頭を冷やして熱を醒ます事は、私たちの体が健康を維持する効果をもたらしています。
難しい話は抜きにしても、アイス枕は眼精疲労の緩和やねん挫などの痛みや腫れへの対処、頭をスッキリさせてクールダウンさせる時にも役立ちます。

アイス枕での冷やし過ぎは危険?

熱くなった私達の体をそのままの状態で放置することは、健康のために良くありません。熱が出た時にアイス枕で頭を冷やす事は、とても大事なことだとわかりました。しかし、冷やし過ぎは体に良くないという噂があります。これはどういう事なのでしょうか?

アイス枕で頭を冷やすときに、アイス枕を直接頭に付けて冷やすと最初は大丈夫でも次第に冷え過ぎになります。そして頭がズキズキと痛み出す事があります。これは頭を冷やし過ぎて冷やした場所の血管が急激に収縮したために頭痛が起こります。これは冷やし過ぎのサインです。

このまま冷やし過ぎると周辺の筋肉まで硬くなり偏頭痛や肩コリの原因にもなります。熱い時や発熱の時に急いで冷やしたくなりますが、直接アイス枕を頭に当てるのではなく専用カバーやタオルなどを巻いてゆっくり冷やしていくようにした方が良いでしょう。頭痛が起きると脳の異常や病気だと心配する人もいます。

しかし冷やし過ぎたからと言って急に脳の病気になる事はありません。先ほども書いた通り、脳は外の気温や熱を直接受けないような仕組みになっています。アイス枕の使用で頭痛が起きてもあわてずに、枕を外して様子をみましょう。

YouTube まだある。物語アイスノン編


YouTube 【子供の発熱】対処方法実践編

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ