ものもらいの原因、意外なその原因とは?

スポンサーリンク

f83f8293af3d9cca5d5720e74737651e_s

大切な日や写真撮影の日に、ものもらいが出来ると最悪ですよね。

今回は大事なときには絶対出来て欲しくない「ものもらい」についてお話したいと思います。

一度くらい、ものもらいが出来てしまったという経験はあるのではないでしょうか。

ものもらいが出来たとき、目をこすってはいけないとか感染するから目を触った手で他の人に触れてはいけないと言われたりしませんでしたか?実際はどうなのでしょう。

今回は、そうした「ものもらい」について真実を追求したいと思います。

ものもらいの真実


「ものもらい」と言う名は、そもそも俗称という事を知っていましたか?ものもらいの正式名称は2種類あります。

症状や原因によって区別されているのです。

1つは「麦粒腫」(ばくりゅうしゅ)と言って、細菌からくる急性の炎症です。

他方は、「霰粒腫」(さんりゅうしゅ)と言って、細菌が介入しない慢性の炎症です。

麦粒腫は、まぶたのかゆみと腫れが表れ、症状が進行するとまぶたにはっきりとした腫れ物が出来ます。

その腫れ物がまぶたの外側に発生した場合は、目に違和感を感じ、むず痒さを覚えますが、内側に発生した場合は強い違和感と痛みが生じます。

なので、見栄えは悪いですが外側の方が症状的には軽いということです。

一方、霰粒腫はまつげの生え際にあるマイボーム腺という部分の出口がつまって、白いできものが発生します。

マイボーム腺の開口部が炎症などで詰まることによって、そのようになります。

まぶたにドーム状のしこりが出来ますが、通常痛みは伴いません。

しかし放置すると次第に肥大化していき、触るとしこりが出来ているのがわかります。



ものもらいの原因は?


ものもらいは先ほど話したとおり、2種類存在しています。

なので、原因もそれぞれ異なりますので別々に話していきます。

まず麦粒腫は、黄色ブドウ球菌が原因菌となって繁殖をし、炎症を起こします。

黄色ブドウ球菌は、食中毒などでよく耳にすると思いますが、健康な人の身体にも分布しています。

目に怪我をしたときや病気や病み上がりで身体の抵抗力がおちたときに、この黄色ブドウ球菌が繁殖して化膿して炎症を引き起こします。

そしてものもらいが出来るのです。ですから健康な状態でしたら、まず繁殖する可能性は低いのです。

ものもらいは感染すると言われていますが、麦粒腫は感染症ではありませんのでその話は真実ではありません。

そして霰粒腫の原因は、マイボーム腺が脂でふさがれることです。

マイボーム腺というのは、常に脂分を分泌しています。

しかしその出口がふさがってしまうと、自然に脂が溜まってしまい、その部分が腫れた状態になるのです。

しかしその脂は無菌状態のため、ものもらいが発生するのは雑菌が原因というわけではないのです。

単純に脂が溜まって腫れるということになります。

ただ、目の回りを清潔に保てば、ある程度は防げるのかも知れません。

しかしそれでも出来る方がいるので、こちらはまだ完全な予防策はないようです。

スポンサーリンク



治し方

ものもらいが出てしまったら、病院で診察してもらうのが1番です。

ずっと放置している状態ですと、先ほど説明したとおり症状が進行してどんどん腫れていく場合もありますので、確実に治療してもらいましょう。

しかし霰粒腫は自然治癒が1番綺麗に治ると言われているので、治療が必要なのは主に麦粒腫です。

麦粒腫は目薬や軟膏で治療します。これは、黄色ブドウ球菌を殺菌するためです。

また患部自体を治療していく効果もあります。また腫れてしまった場合には、これらに加えて抗生物質などの内服薬も処方されます。

よく、見栄えのためにも眼帯をしている方がいますが、眼帯は中で細菌が繁殖しやすい環境つくります。

なので、眼帯をする場合はなるべく短時間が良いので、外出時のみに行うなどしましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ