みぞおちが苦しい時の対処法は?胃○○の可能性あり?

スポンサーリンク

f37990339d2bdb2844daded4b6e13f2f_s
みぞおちが苦しいというときはあります。しかしどう対処して良いか解らないときがあります。今回は対処法について書いて行きます。

みぞおちが苦しいのは何か病気の可能性はある?

また、単にストレスと言うことも考えられるので、ストレスの原因特定が必要です。しかしたいていの場合は人間同士の軋轢です。これが解消されればおのずとみぞおちの苦しさを解消することが出来ます。

こればかりは生活を変えるという必要性も出てくるので、家族や周りの人間とも相談協議の上、色々な事を考え直す時期に差し掛かっていると思う方が賢明ですし、みぞおちの苦しさは身体から発信されている危険信号と捉えてください。

また食事をした後に限ってみぞおちが苦しいまたは、痛いという場合には胃炎や胃潰瘍などを発症している可能性はあります。この様なときはアルコールや香辛料などが胃の壁を荒らしてしまい結果として胃炎や胃潰瘍に発展した可能性があります。

軽い場合は2.3日で違和感や苦しい感覚は消えて元の状態に戻っていきます。また食事を少し軽いものに変えるなどのコントロールが必要で、そこでコントロールしないで我慢をしているともっと重篤な病気へと進行することもあり得ます。

また、日常生活の中で、どこかに身体をぶつけてしまいそれが原因でみぞおちが痛いケースもあります。特に胃や心臓をぶつけた事により痛い事もありますので、どうしても痛い場合は自分が痛みが起こる前どの様な行動をしたのかを考えて見ることも大切です。

どう対処したらいい?


ではみぞおちの苦しい感覚にはどう対処していけば良いのでしょうか?医療機関への受診が適当です。受診する科は消化器内科か内科となります。
その日のうちに胃カメラを飲むことは出来ないかもしれませんが、胃薬などを処方され様子を見て後日胃カメラを飲んで胃の状態を確認した上で治療方針が決定されます。
スポンサーリンク


また、上記の診断を行なっても診断上は特に問題がないと医師から告げられた場合はストレスや自律神経の乱れが絡んでいるので、自律神経失調症の可能性もありますので内科、神経内科、婦人科、神経内科などに受診するとはっきりとした原因が掴める可能性があります。

狭心症の発作と言うことも考えられます。しかしその場合は狭心症の場合訴える症状として胸から胃の辺りが重苦しいと訴えるケースがあるため、発作は通常10秒程度で治まりみぞおちの苦しい感覚も消えてしまいます。

内科を受診し正しい診察を受けることが先決で、自己判断は事態を悪化させるケースもあります。また、我慢すると取り返しのつかない疾患に繋がっているケースもありますのである程度迅速な対応が必要です。

まとめ

みぞおちは普段の生活では意識をしない場所なので、痛みや違和感を感じると人一倍気になる場所です。違和感だけではなく鈍痛などがあった場合はよからぬ想像が頭を駆け巡ります。

生活を見直す程度でみぞおちの違和感が消えるのなら良いですが、それで済まない場合はやはり医療機関の力を借りることが重要である事が解りましたね。みぞおちの違和感は胃から心臓の疾患のサインである可能性があるためです。

また食生活にしても実際身体に悪いものは美味しいという事です。辛いものは食べていると体力増進したような心理的効果が生れますし、お酒は一時的に脳をほぐしてストレスから解放してくれたように思わせてくれるため飲める人は飲みたい衝動が起きてしまいます。

食生活やライフスタイルなど、普段から見直して置き、少しでも自分が楽にいられる環境を構築することでみぞおちの違和感から解放される可能性だって否定は出来ないのは確かです。


健康に動き回るためにはある程度のセルフケアが必要で、自分の身体の特徴も頭に入れておく必要がありますね。そうすることで不調を感じても早めに対処が出来るようになるためです。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ