「ニキビダニ」どんな症状?!治らないニキビの正体

スポンサーリンク

e38ce32534afb816b175566ec8ca5dcb_s

ニキビができると気分もブルーになります。化粧で隠せるかな、早く治らないかな、なんて考えながらうっかり潰したり・・・。
潰さないようにケアしていてもなかなか治らないニキビ、もしかしたら「ニキビダニ」が原因かもしれません。えっ!ダニ?大丈夫なの?まずは特徴を知って正しいケアをしましょう。

「ニキビダニ」って何?

ニキビダニは別名「顔ダニ」「デモデクス」などと呼ばれることのある「寄生虫」!
寄生虫がいるの?自分の顔にできたニキビがまさか寄生虫が原因なんて!それが本当ならショック!

でも、実はニキビダニが寄生しているのは何も珍しいことではありません。ニキビダニの保有率は結構高く、なんと成人の97%以上という高確率です。

寄生虫というくらいですので、虫っぽい形をしているんだとか。顔に虫がいるなんてとても嫌ですが、たぶん私にもいるのでしょう。
肉眼で見えるようなものではありませんが、毛穴の中に暮らしているようです。人の皮脂を食べて、もちろん排泄もします。すべてが皮膚の

上で行われていること。排泄物はもちろん汚れもの。そして肌トラブルの原因にもなります。
皮脂を食べるので皮脂腺があるところに居座ります。沢山食べれば寄生虫もお元気になり、増殖していきます。


ニキビダニを根絶やしにしたい

そんなお肌の敵は是非ともやっつけてしまいたい!一網打尽にできる方法はないものか・・・。いや、実はニキビダニは悪いばかりの寄生虫ではないのです。

皮脂が好きで皮脂を食べているニキビダニは、皮脂量のコントロールにも一役買ってくれています。皮脂も出すぎたものをそのままにしておいたらそれはそれでお肌のトラブルになりかねません。多すぎる分の皮脂を食べてくれるという点において、ある一定数はいてくれたほうがお肌の調子がいいかもしれません。

普段のきちんとした洗顔などをしっかり行えばニキビダニの増殖は抑えられそうです。

スポンサーリンク


ニキビの他にもトラブルを起こす


ニキビダニはニキビの原因になるだけではありません。
毛穴の開きが気になる、刺されたような痛みがある、赤ら顔、肌のかゆみ、抜け毛、そして頭皮のかゆみなど、まだまだいろいろトラブルを起こしてくれます。

ただ、ニキビを含めこれらの症状が出たからといってニキビダニの仕業、というわけではありません。
ニキビに関して言えば、有名な「アクネ菌」が原因の可能性もあります。皮膚科に行くと顕微鏡で調べてくださるお医者さんもいるようです。


ニキビダニを増殖させないために


ニキビができすぎたりなかなか治らない状態はイライラします。ニキビができ始めるのはやはり多感な青春時代。一刻も早く治してきれいな肌でいたい。誰もがそう思うでしょう。

一番いい治療法は皮膚科に行くことです。皮膚科の医師はいわば皮膚のスペシャリストですので、よく症状を見てもらいましょう。症状によっては殺菌作用のあるせっけんなどを処方してもらえたり、ケアのコツなども教えてもらえるでしょう。

ニキビなんかで医者に・・・などと思わずに、きれいに治すためにも医師に相談することはとてもいいことです。モデルさんなども皮膚科を受診する方が多いようです。

ニキビダニは、生まれたての赤ちゃんにはいません。でも、親の顔が近づくなどで子供の顔にも移っていきます。ただ、ダニと名がつくとはいえ人間の役にも立っている「ニキビダニ」。増殖させすぎず、うまく付き合っていけるのが一番だと思います。

ニキビの対処法は顔を清潔に保つことが何よりも一番大事。洗顔を毎日しっかりと行います。しかし皮脂を全部取り去ってしまうと、皮膚が「皮脂がたりない」と思ってどんどん皮脂を大量生産してしまいます。

大量生産すれば今度はニキビダニの思うつぼ。洗顔は朝と晩のみで大丈夫。その朝晩の洗顔はしっかり行い、ニキビダニの出す汚れたものを落とすようにしましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ