2015年、全国のやっさ祭りの日程は?

スポンサーリンク

c2f4563e4835b6a41376cb71e87b1ae2_s

「やっさまつり」という名を持つお祭りは、全国で数カ所あります。

様々な地域で開催されるやっさ祭りですが、みなさんはどこのお祭りに興味がありますか。

どこも地元を盛り上げるために、地域の人たちが一生懸命準備しているのは同じです。

同じ名前を持つお祭りですが、内容はもちろんそれぞれ違いますので、もしお住まいの場所から近い場所がありましたら、是非参加してみて下さい。

三原のやっさ祭り


観客数が最多であろう広島県の三原やっさ祭りは、今年は8月7日(金)・8日(土)・9日(日)の日程で行われます。

各チームやっさ踊りを披露しますが、各チームに1台花車が用意されます。

これが、出場チームのイメージで色々な装飾がされますので、少しマニアックかもしれませんがそこもまた見どころです。

最終日の9日の花火は、3部構成からなっています。

オープニング・三原の四季折々・フィナーレ、この3つの流れで花火が表現されます。

しかも今年は、三原やっさ祭りは第40回を迎えるので、フィナーレは「40周年明日への序曲」という名目で花火が打ち上がります。

記念すべき40周年ですので、とても見応えがあると思われます。

花火は全部で5000発打ち上がり、打ち上げ花火以外に水中花火や仕掛け花火なども期待出来ます。

東金のYASSAフェスティバル


千葉県の東金市で行われる、東金やっさまつりは現在「YASSAフェスティバル」という名のもと開かれています。

1日のみのお祭りで、午前11時から午後8時40分までの時間帯なのであっという間に楽しい時間が過ぎていきます。

そして、午後8時30から40分までの10分間は、お祭りを締めくくる花火が打ち上がります。

100発という小さな規模の花火ですが、1日を通して充分満喫できる内容となっています。

毎年8月の第3土曜日に開催されているので、例年通りいけば今年は8月15日(土)に開催される予定です。

しかし、まだ公式発表がありませんのでチラシやネットをチェックしてお越し下さい。

三原やっさ祭りと東金YASSA祭り




2つのお祭りを比べると、三原やっさ祭りは大規模な地元の伝統的なお祭りで、東金は小規模な新しい祭りという印象です。

古くから伝わるやっさ踊りを伝承していこうとする三原の地元の方と、これから地元を発展させていきたいとやっさ音頭を取り入れた東金の方の「やっさ祭り」は、どちらも努力の賜です。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ