青森ねぶたの駐車場事情ー知らないときつい!ー

スポンサーリンク

78dec505c35bec285e7b7f5c5bb6ef1d_s

青森の夏の風物詩、青森ねぶた祭りは青森県青森市で毎年8月2日から7日間の期間で開催されます。

ねぶたの運行スケジュールは、2日から6日は19時10分~21時、7日は13時~15時頃までの予定となっております。

青森の中心地を運行するねぶた祭りのために、前後の時間帯は交通規制がかかります。

なので、車を置いて観覧することになりますので、駐車場事情をよく把握する必要がございます。


無料臨時駐車場


一般の普通自動車のためには、無料でサンロード青森(東側)に臨時駐車場が設けられています。

10時から22時の時間帯に開設されており、最寄りのねぶた運行コースまでは車で約10分の距離です。

車で約10分ですので、結構遠いです。もっと近い駐車場が良いと言う方には、有料の臨時駐車場をおすすめします。

こちらは青森操車場跡地北側に設けられており、ねぶた運行コースまで徒歩約15分です。

11時から23時の時間帯で開設されており、1回500円です。

都内で暮らしている方にとっては、とても安く感じる値段ですよね。

500円払って近い駐車場に止めた方が、なんだかんだ安く済む気がします。

バス専用の駐車場ももちろんあって団体のお客様は、堤埠頭や新田浄化センターに無料で開設されています。

スポンサーリンク



混雑を避けるために


東北三大夏祭りと言われている青森ねぶた祭りですから、毎年期間中は約300万人もの人出を輩出します。

何時頃に満車になるかは、その年によって変わってきますので予測がつきません。

ただ、15時前に青森入りをするとある程度は渋滞を避けられるようです。

先程話した青森操車場跡地北側駐車場に関しては夕方頃でも空きがある状況ですので、この有料駐車場に入れば間違いないということです。

また、ここの駐車場は終了後混雑することも少なく、高速へ向かえます。

このような感じですが、遅くとも3時間前には駐車場に到着した方が良いでしょう。

2日から6日は19時から開始ですので、16時までに到着ということです。

魅力や見どころ




なんと言っても、魅力は壮大な光景です。

夏の暑さを吹き飛ばしてくれる元気に跳ね踊るハネトや、太鼓や笛の音、そして豪華なねぶたが、祭りを大いに盛り上げてくれます。

また、衣装を会場近くでレンタルでき、着付けしてくれるところもありますので、当日ハネトという踊り子の衣装を着て、参加することが出来ます。確実に、楽しめます。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ