子どもが車酔いをしない方法なんてあるの?

スポンサーリンク

4e8169b30b4914411067244aa51b9f6c_s

私は子供の頃、毎年「春」が憂鬱でした。それは「修学旅行」「バス遠足」があるからです。
理由は大型バスでの車酔い。

家の車なら、「少し休憩したい」と運転者である親に頼めますが、集団行動ともなるとそうはいきません。

同級生達は平気な顔してバスに乗り、一番後ろの席を取り合っているのに、私は先生に呼ばれ「お前は一番前の席だ」と場所を決められ、それでも帰ってきた頃にはぐったり。
子供の頃知っておきたかった、車酔いしないためのコツのお話です。

なぜ車酔いがおこるの?

車酔いにはいくつか原因があります。

まずは視覚。体は動かしていないのに視界がどんどん変わっていく状況を脳がうまく処理できていないため気分が悪くなると言われています。

次は体の揺れ。人間は耳の奥にある三半規管が体のバランスを保ってくれています。子供はそのような大事な器官もまだまだ未熟なので、大人より車酔いを起こしやすいようです。

においによる酔い。苦手なにおいは気分が悪くなるもの。それがストレスになり、車に酔ってしまいます。

最後に精神的なこと。以前乗り物酔いをした人が、「今日も酔ったらどうしよう」と不安になることも原因のひとつ。

遠出をする際は体調を万全にして、「今日は大丈夫!」と大きな気持ちでいきましょう。
寝不足も乗り物酔いの原因になります。睡眠もしっかりとっておきましょう。

車酔いを軽減させるための工夫


視界からの酔いを軽減させる
・テレビ・スマホ・読書は厳禁
車内で一点を見ていると、結構酔います。最近は車の中でテレビやスマホなどでお気に入りの番組を観ながら移動するお子さんも多いですね。
アニメを見せておけば楽しめる・グズらない。便利ではありますが、酔いやすい子には逆効果です。

・遠くの景色を意識してみる
近くの看板、電柱などに目が行きがちですが、近くのものは景色が激しく変わりますので、視界からの酔いになりやすいです。
できるだけ遠くの山や景色を見ましょう。遠くのものはゆっくり動きますので、酔いの軽減になるそうです。

車の揺れによる酔いを軽減させる
・進行方向を向く
電車や新幹線で、進行方向とは逆向きに座って酔う場合があります。酔いやすい人はできるだけ進行方向を向きましょう。

・休憩時間をしっかりとる
高速道路ではサービスエリアも充実しています。気分転換も兼ねて車から降り、買い物やサービスエリアの施設を楽しむことも旅のプランに入れておきましょう。

・運転もやさしく
「急発進」「急ブレーキ」「急ハンドル」は同乗者の体が揺れ動くため酔いにもよくありません。運転はやさしく、カーブや交差点も早めに速度を下げ、ゆっくり曲がりましょう。

スポンサーリンク



においによる酔いを軽減
・換気・消臭をする
時々窓を開け、換気することが重要。高速道路などでは、サービスエリアで窓を開けて換気し、車内のにおいがこもらないようにします。車のにおいがダメな人は消臭スプレーも効果的だとか。

精神的な酔いを軽減
・服装
子供たちもおしゃれをしたいでしょうが、できるだけリラックスできる服がおすすめ。きつめの服、締め付ける服は避け、リラックスできるようにしてあげましょう。(車の場合、シートベルトはきちんと着用してください)

・楽しい雰囲気で
楽しい話題、お気に入りの音楽などで明るい雰囲気にしてあげましょう。「気持ち悪くない?」などの言葉も少なめに。周囲が気にしすぎると、子供も気になってしまいます。

・適度に食事
「吐くと嫌だから食べない」その気持ちもわかりますが、空腹は車酔いしやすいので、消化のよさそうなものを選んで食べましょう。

最終手段
・酔い止め薬
修学旅行など、自分の好きな時に休憩がとれない、換気も難しい・・・そんなときは酔い止め薬を飲む。市販薬もありますが、初めて使う場合は医師に処方してもらうのが一番です。

・酔い止めのツボを押す
手首にある酔い止めのツボは5分ほど押すと効くという方も多いです。修学旅行前など、お子さんと一緒に確認しておきましょう。



車酔いを軽減する方法は大人でも効果ありですよ。


赤ちゃんと幼児・児童の車酔い

赤ちゃんと、幼児・児童を比べると、赤ちゃんのほうが酔いにくいと言われています。三半規管は未熟ですが、赤ちゃんはそもそもバランス感覚もまだよく備わっていないので、酔いにくいのだとか。

しかし絶対酔わないわけではありません。赤ちゃんが車酔いするとやはり機嫌が悪くなり、顔色も悪くなります。嘔吐する場合もあります。

幼児・児童は車酔いを自己申告できるかもしれませんが、赤ちゃんは車酔いを申告できませんので、こまめに休息を入れ、赤ちゃんの様子を確認しましょう。

幼児でも、うまく大人に伝えられない子もいます。我慢している子もいます。生あくびが多い・暑くもないのに汗をかく、これは車酔いの可能性がありますので注意してくださいね。


酔ってしまったら、とにかく体を楽にすること。先を急ぐかもしれませんが、早めに車を止めて横になりましょう。嘔吐した場合は必ず休憩させてください。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ