トレッキングシューズの洗い方とは?

スポンサーリンク

fdefe8263bd2f57174fbce0663fa6937_s

登山が趣味、という方は多いと思います。山を歩きたい、写真を撮りたい、雄大な景色を眺めたい。そうです、登山は楽しい。
登山をするにあたって揃えるものの中にトレッキングシューズがあります。トレッキングシューズはとにかく悪路を長時間歩くものであるため、履き心地が悪いと登山がつまらないものになってしまいます。
お気に入りのトレッキングシューズを見つけたら、それは大事にしたいものです。
長年の相棒にするためにはお手入れも大切。今回はトレッキングシューズのお手入れについてのお話です。

トレッキングシューズのお手入れ方法

山から下山したら、トレッキングシューズをお手入れしましょう。
まず、靴の内部。これをおろそかにすると靴がにおってしまうかもしれません。

まず、中敷き(フットベッド)は、使用後は必ず取り出して乾かしましょう。汗をたくさん吸い込んでいますので、汚れがひどい場合は洗剤できれいに洗ってきちんと乾かすこと。

この中敷きを取り出しておくことで、靴の内部も乾かしやすくなりますね。靴の内部もさっと拭いておきます。内部がナイロンであれば、ブラシで汚れを掻き出してもいいと思います。
そして、靴の内部もしっかり乾かしておきましょう。

次にアッパー(足の甲から足首までの皮や布などで作られている部分)は靴用ブラシで汚れを落とします。
ブーツ用のクリーナー等を使うといいですね。
靴ひもは外して普通に洗濯をしましょう。ネットに入れて洗濯機で洗ってOKです。

アウトソール(靴底)は、土や溝にはさまった石などをきちんと取り除き水洗いしておきます。
つまって取れにくい石などはマイナスドライバーなどで掻き出します。けがをしないように軍手などをはめて行ったほうがいいかもしれません。

靴はトレッキングシューズに限らず、干す場所は直射日光を避けてください。靴の内部が乾きにくい場合は靴用の乾燥剤を入れておくのもよいかと思います。
きちんと乾いたら撥水処理をしてください。

山ではどんな場所を歩くかもわかりませんし、雨が降る場合もあります。撥水にしておくことは重要です。撥水処理を行うのは必ず汚れを落としてからでないと、撥水の効果を発揮しませんので気を付けてくださいね。

布製ブーツと皮のブーツではお手入れが違いますので気を付けてください。
布製の場合は汚れを落とした後撥水スプレーをかけてください。革製の場合は保革クリームを塗るのだそうですが、保革剤入りの撥水材というものもあるそうですので、アウトドアショップなどで聞いてみてください。布製の靴の場合でも部分的に皮が使われている場合は保革剤を塗ってから撥水スプレーをかけましょう。



スポンサーリンク



保管場所と次に使用するときの注意事項


保管ももちろん、直射日光は避け、風通しがよいところで。カビなどを繁殖させないためにも湿度が高くないところがよいですね。高温になる場所も避けてください。
さて、次に登山に行くときは、靴は前もってチェックしておきましょう。

アウトソール(靴の裏側)はすり減っていませんか?すり減っていると足を滑らせる原因にもなります。
全体的にゴム部分の劣化、接着がはがれているなどのトラブルはありませんか?靴は歩くことに大いに関係してきますので、必ず早めにチェックしておきましょう。

トレッキングシューズは使い終わったら早めにお手入れしておきたいものですので、トレッキングシューズを買うとき、お店の人に相談して、靴に合わせてお手入れに必要なものを教えてもらって購入しておくといいですね。

大自然に触れ合える、絶景を見ることができる、仲間たちと一体感が得られるなど、山はとても魅力的。登山はきちんとした装備で、無理なく楽しんできてくださいね。ほかの装備のチェックもお忘れなく。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ