浴衣と着物の違い、知っているようで知らない?

スポンサーリンク

904f8e8743ad6bb2a4bcebdd93bf347f_s

夏になると着たくなるのが浴衣。

夏祭りや盆踊り、花火大会など、イベントで着るとテンションも上がります。

デートだったら、相手の普段と違う装いにドキドキしちゃうかも!

着物はフォーマル行事に着ることが多いでしょうか。

何だか敷居が高そうなイメージ。

なんとなく着分けていますが、いったい何が違うの?浴衣と着物の違いをご紹介します。


まずは着物を知ろう


着物には、「袷(あわせ)」と「単衣(ひとえ)」の2種類があります。

これは仕立て方の違いです。

裏地があり生地が二重になったものが「袷」で、裏地の無いものが「単衣」です。

洋服と同じように、季節に合わせて着こなします。

一般的には6月から9月は単衣の時期といわれています。

素材は木綿、絹、ウール、化学繊維などがあり、また、生地の織り方も多様です。

振袖から、部屋着に近い普段着のものまで、織り方や染め方などで着物の格があり、それぞれ用途が異なります。

また、一般的に着物は、肌着を着て長襦袢を着た上から着物を着ます。夏の単衣仕立ての着物であっても同じです。

浴衣と着物の違い




浴衣は着物の一種です。

仕立ては単衣のみで、形状や構造上においても着物と違いはありません。

では何が違うのかというと、「長襦袢を着るか着ないか」です。

浴衣の場合は肌着を着た上から着るのが一般的とされています。

一枚で着たら浴衣、重ね着をしたら着物となります。

最近では夏を楽しむファッションとして人気ですが、浴衣はもともと「湯帷子(ゆかたびら)」と呼ばれていました。

一説によると、平安時代、貴族が入浴の時に着た麻の単がそもそもの始まりで、その後、湯上りに着る衣服となりました。

今でいう、部屋着や寝巻きのようなラフな服装ですね。

42901356fd8d96cba2fad3673655ed09_s

浴衣を着物風に着る


浴衣はフォーマルかカジュアルでいえば、カジュアルです。

着物の中でも挑戦しやすい装いですが、カジュアルなイメージゆえに、フォーマルな場所では浴衣は相応しくないと感じる人も少なくないようです。

特に結婚式や入学式などでは、着物の中でも格が高い礼装着や略礼装着を着用しましょう。

ですが、浴衣も工夫することで着物風に着こなせます。

帯を変え、半襟をつけ足袋を履くと雰囲気ががらりと変わり、フォーマル感がでます。

着物風に着こなして、ちょっとしたお食事会やホームパーティなどに参加される方もいるそうです。

TPOに合わせて、浴衣と着物を楽しみたいですね。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ